現実的に散骨を考えるなら海洋葬を

category01

散骨は近年になって非常に注目を集めています。自然への回帰を願う人が増えたことはもちろん、従来のお墓に付きまとっている後継者不足の問題や維持管理の難しさが、散骨に興味を抱く人が増えた原因ともなっています。

話題の産経デジタルの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

しかし実際問題として、散骨は今の日本ではまだまだハードルが高いのが現状です。


さすがに遺骨を人が生活している周辺に撒くわけにはいきませんので、どうしても散骨場所は人里離れたところになってしまいます。狭い国土の日本では人の生活範囲が山の近くまで及んでおり、散骨に適当な場所を確保するのがなかなか困難なのです。
そこで最近は海洋葬を選択する人も増えてきました。

墓じまいの新しい魅力を紹介します。

海洋葬はその名が示すとおり、海に散骨をするものです。

広い海なら誰にも迷惑をかけることなく遺骨を撒くことができます。



船をチャーターして沖合に出る必要はありますが、それも専門の業者がおこなってくれるので、遺族が骨を折る必要もありません。
また海洋葬はコストの面でも非常に優れています。

海に遺骨を撒くので当然ながらお墓を用意する必要はなく、維持管理や後継者の問題も発生しません。さらに複数の遺族が集まって海洋葬を実施することも多いので、船のチャーター料も安くあげることができ、全体としてのコストを下げることができます。

もちろん遺骨の粉砕など散骨に必要なことは業者に任せられますので、遺族にとっても手間いらずです。

場合によっては散骨そのものも業者に委託できますので、体の具合が悪くて外出できないというような人でも安心です。

納得の真実

category02

最近では散骨をする葬儀が多くなっています。遺骨を自然に還す、いわゆる自然葬です。...

subpage

冠婚葬祭について情報

category02

最近は核家族化、少子化、独身者が増えている等のことから、自分の親が不幸にして亡くなった場合に、墓を建てたとしても、あとを面倒を見るという人がいないというケースが多々あります。通常の葬儀から納骨までの流れは、お墓をすでにもっており、菩提寺が決まっている場合には、通夜、告別式、初七日、一周忌を経て、一周忌に納骨という流れで執り行われていました。...

subpage

情報分析

category03

少子高齢化や核家族が多くみられる現代、お墓の在り方の考え方も変化してきています。本来お墓は先祖を代々つなぐものとして、子や孫が受け継いでいくものでした。...

subpage

知りたい冠婚葬祭事情

category04

永代供養は近年注目されている、埋葬方式です。従来、代々伝わるお墓にてお骨を埋葬していましたが、高齢化や少子化に伴いお墓を管理する人がいなくなることが予想されるため、永代供養墓に納骨をするようになっています。...

subpage